関西電熱の総合製品カタログ


>> P.115

最高熱風温度(Aセンサ位置) : ※800℃ ※マルチコントローラを使用した場合の最高熱風温度環 境:クリーンルームクラス10000相当(工場出荷時)(常温)※マルチコントローラを使用しない場合(自社にて温度調節回路を製作)は500℃SH02∼SH31共通仕様 使用上の注意●SH02,SH22はヒータ部の交換はできません。供給エアの気体温度:0℃∼+70℃供給エアの気体湿度(非結露):温度40℃で湿度90%以下(常圧)付属品:断熱カバー(全機種)・配線コード〔ヒータ電源線、補償導線K…A・Bセンサ用/長さ300MM、コネクタ付〕(SH02,SH22)本体の耐圧:490KPA以下(常温)④エア源はホコリ、水分、油分、溶剤等の混入がないクリーンエアを使用してください。ヒータ内部に水分、油分等が混入するとヒータの絶縁が低下してヒータの寿命が短くなります。ホコリが内部に入りますと、ヒータの熱で加熱されホコリが火の粉の状態で熱風吐出口より飛び出し危険です。※⑤据え付けは、水平設置または熱風吐出口が上向きの場合は自由ですが、下向きの場合は送風停止時にヒータ内部等の熱が逆流してエア供給口、本体端子部等が過熱することがありますので必ず冷却運転をしてから送風を停止する必要があります。           ホットスタート運転(P7参照)をおこなうことが可能です。マルチコントローラーなしではホットスタート運転、 ヒータの保護、温度制御はできません。ホットスタート運転をおこなうにはマルチコントローラが必要SH22熱風曲線SH02熱風曲線(注)SH02・22は9.81KPA(1000MMAQ)SH31は13.7KPA(1400MMAQ)以下の圧力損失でご使用ください。(注)SH31を最高温度近辺で使用されている時に冷却や使用温度を下げるために急激に供給エア量を増量させないでください。ヒータガイシ等が破損します。(注)SH22600W熱風曲線の     部(600℃∼800℃)はご使用にあたって条件が必要です。  詳しくは取扱説明書を参照してください。SH02SH22未満(K熱電対)-10℃∼+60℃(凍結しないこと)


<< | < | > | >>