関西電熱の総合製品カタログ


>> P.4

●定    格…連続●周 囲 温 度…0℃∼40℃●周 囲 湿 度…85%R.H.以下(非結露)●各記載数値…実測による保証値●据 え 付 け…風雨にさらされない場所(屋内仕様)。水平状態●電 源 電 圧…三相200V 50/60HZ(商用電源) 異電圧は受注品です。●熱風自動温度調節範囲…        連続使用最高熱風温度はブロックヒータの吐出口に取り付けられたセンサの位置で設定。●ヒータ制御方式…無接点コンタクタによる時間比例制御。        大容量は電力調整器(RPN)を使用しております。●温度指示精度…1%FS●過 熱 防 止…K熱電対※ヒータ内部に組み込んだ温度センサです。●入口温度異常…K熱電対※ヒータ内部に組み込んだ温度センサです。●サービス端子…入力=外部信号によるヒータ入/切、外部温調。        出力=ヒータ信号、異常信号、温度警報。●ブレーカ(NFB)は過電流、オーバーヒート、温度異常(吐出口温度異常)、ヒータ制御素 子の異常時等に最終安全回路として遮断します。タイプタイプSW常温∼+350℃ (高温仕様)常温∼+500℃遠隔コントローラ(オプション)MODELRCT-10MC◆ブロックヒータに小型、軽量の専用制御盤を付けることができます。◆工場電源をつなぐだけで操作できます。 (オプションの遠隔コントローラを使用することで 離れたところからの操作が可能です。)標準品仕様機   能特   長高性能を凝縮 標準装備便利なモード機能●ブロックヒータ制御盤は設置場所のスペースを考えコンパクトに設計しています。最先端のコントロールボードを搭載していますので パーフェクトな熱風温度制御ができます。●過熱防止作動時やヒータ制御素子・電力調整器の異常時に最終安全回路が作動しヒータ回路を遮断します。●オプションの遠隔コントローラを使用することで、離れた場所から本体操作パネルと同時操作ができます。⑰モードスイッチにより多機能なモード機能を選択できます。・温度警報指示温度に対しての温度警報を出力します。・外部センサ離れた場所の外部センサ〔K〕の熱風温度を制御できます。・オートチューニング熱風の設定温度に対して指示温度がばらつく場合にオートチューニングを実施することで指示温度が安定する場合があります。・ヒータ出力表示熱風運転中に現在のヒータ出力を表示確認することができます。⑫⑬⑨⑤④⑮⑭⑯⑰⑪⑩⑦⑧①②③⑥ブロックヒータ制御盤付(熱風自動温度調節器)省エネのため、熱風を再利用できるように、全機種が300℃まで熱風循環が可能です。これにより一方通行に比べて電気料金の50∼80%節約が可能です。角形状のヒータに供給されたエアが低圧損でムラなく丸形状の吐出口から熱風を吐出するため、エアの流れに無理がありません。MODEL4BW3-TC4B3+YU-750M(耐熱電動送風機)DF-55S(デミフィルタ){■省エネ設定■入口・吐出口に角丸テーパダクトを使用MODELTC4B3制御盤(無接点コンタクタ制御)型式 4BW3-TC4B3熱風吐出口より断熱材を除いた状態Wタイプは焼鈍処理をおこなっています。


<< | < | > | >>